玉帳行削除

玉帳区間削除


任意の特定行から特定行までを指定削除できます。

「指定区間消去」画面


玉帳画面メニューの「DEL売買行消去」をクリックします。



「指定区間消去」画面が表示されます。



「指定区間消去」画面は、「DEL」KEYでONE-CLICKでも表示できます。



削除開始行


玉帳の削除開始行の「行番号」コラムをクリックします。
玉帳の削除開始行の「行番号」コラムに「開始」と表示されます。

「指定区間消去」画面の「開始行」コラムに行番号が表示されます。
「指定区間消去」画面の「終了行」コラムにも同じ行番号が表示されます。



特定の1行削除の時はこのまま「削除実行」をして下さい。

削除終了行


削除開始行設定の後に玉帳の削除終了行の「行番号」コラムをクリックします。
玉帳の削除終了行の「行番号」コラムに「終了」と表示されます。

「指定区間消去」画面の「終了行」コラムに行番号が表示されます。






削除行指定の訂正


削除終了行以降の他の「行番号」コラムをクリックすると削除終了行指定が修正されます。

開始行を修正する時は「解除」ボタンをクリックして再設定してください。

削除の実行


「削除実行」ボタンをクリックします。
削除実行後の玉帳が表示されます。



玉帳区分


玉帳の銘柄CODE順表示等ではデーターの表示行にはデーターの格納行が表示されています。

削除行指定のミスで玉帳データーを損なわないように、玉帳の削除は標準設定でのみ実行可能としています。

玉帳区分が標準設定以外の時に「削除実行」ボタンをクリックすると時系列SORTが実行され、標準設定で再表示されます。

削除開始行・終了行を再指定してください。

削除前データーの保存


削除前の玉帳データーはデーターが失われ無いように自動保存されます。

玉帳BackUp File名


自動保存されるFILE名は、「玉帳FILE名+削除日の年月日」です。

保存FILE名は「玉帳BackUP File」コラムに表示されます。



同一日に複数回玉帳の削除を行うと日付に枝番を付して保存されます。

BackUpされた保存FILEは自動削除されないので、適宜玉帳FOLDER内のBackUp FILEの整理を行ってください。




Copyright (C) 2021 CMAlab, All rights reserved.