「定数設定」画面呼び出し変更


従来の「定数設定」画面呼び出しは、株価チャート画面で「T(定数のT)」KEYで行っていました。

その後レバタラ機能の開発搭載でレバタラ機能呼び出しのNEEDS・頻度が高まったため、「T」KEYは(レバTAラのT)として、レバタラ機能呼び出しに転用指定しました。

レバタラ機能呼び出しは「T(レバTAラのT)」KEYです。


  
使用頻度の少ない定数画面呼び出しは、レバタラ指定がされていない通常のチャート画面の時にCNTRL+「T(定数のT)]KEYで呼び出すように変更しました。


  
レバタラ表示されている時は、一旦「T」KEYでレバタラ表示を解除してからCNTRL+「T(定数のT)]KEYを押してください。

或いは、チャート画面メニューの「他」の中の「定数設定」でも呼び出せます。

又、「株式管理」立ち上げ表示画面のメニュー「F11指標定数設定」及び「F11」KEYでも呼び出せます。

Copyright (C) 2021 CMAlab, All rights reserved.