レバタラ機能実行

売買データーの採録


株価チャート画面で、売買データーを記録する地点をクリックします。
 

仕掛け売買


株価チャート画面の1度目のクリックで、仕掛け売買のデーターが取得され、株価チャート画面に売買期日線・仕掛株価線・目標株価線・損切株価線が表示されます。

仕掛け地点には赤線の十文字が表示されます。

仕掛け期日線は水色実線縦線で上下に仕掛け方向の矢印が示されます。

仕掛け株価線は紺色実線、目標利益線は5%目標赤線、損切線は3%損切緑線で示されます。 



  
画面右側のデーター欄に仕掛け売買データーの詳細が表示されます。

仕掛け売買データーは仕掛け期日、仕掛け条件(上昇・下降)、売り・買い区分、銘柄名、仕掛け株価、仕掛け株数、売買資金、目標株価/刻み、増し玉株価/刻み、損切株価/刻み、が表示されます。

売買資金は、特に指定の無い時は、30万円規模とし、30万円直近額に対応した単位株数ベースで表示されます。

株価水準が30万円を超える時は単位株数となります。

現在実取引の有る銘柄は、「@」KEYで開いたレバタラ売買データー記録画面の株数が援用されます。

表示例は日経平均ですが、通常銘柄では株数は単位株数の整数倍となります。



仕掛け売買の仕掛け方向設定

「G(逆仕掛けのG)KEYで仕掛け売買の仕掛け方向(上昇仕掛け・下降し掛け)の切り替えができます。

KEYの押しやすい位置にある「変換」KEY・「無変換」KEYでも仕掛け方向の切り替えができます。


 

決裁売買


株価チャート画面の2度目のクリックで、決裁売買のデーターが取得され、株価チャート画面に決裁期日線及び決裁株価地点が十文字で表示されます。

利益獲得の時はその横に赤星と音符でファンファーレが表示されます。(一寸したお遊びです)
 


 
画面右側のデーター欄に決裁データー詳細が表示されます。

決裁売買データーは決裁期日、決裁株価、仕掛け資金、決裁資金、仕掛け回数、利益額、利益率・年間換算利益率、仕掛け日数が表示されます。

値洗いデーターと区別するために、決裁売買データーは四角形の中に表示されます。
 


値洗い


株価チャートをクリックして、仕掛けデーターを表示している時は、株価チャート画面のカーソルの位置の期日の値洗いデーターが画面右側のデーター欄に表示します。

値洗いデーターの表示項目は決裁データーに準じます。

株価チャート画面でカーソルを左右に移動して値洗いデーターの変化を実感してみてください。



仕掛け利益目標線300%・100%


株式管理は個々の売買利益ではなく、年換算での利益率を重視しています。

この年換算利益率目標をチャートに表示する為に目標利益曲線300%・100%の表示機能を設けました。



    

仕掛け利益目標線表示・非表示


「へ(~・シェブロン)」KEYで仕掛け利益目標線年率100%線・仕掛け利益目標線年率300%線が表示・非表示されます。

仕掛け利益目標線は、仕掛け地点の株価期日・株価のPOINTから引かれます。



目標線太さ設定


SHIFT+「へ(~・シェブロン)」KEYを押すと年間換算目標利益線が太線表示・細線表示されます。


  

利益目標線色指定


CNTRL+「へ(~・シェブロン)」KEYを押すと年間換算目標利益線の色が変更できます。


 

目標利益曲線の使い方


株価は通常ある程度の期間右肩上がりに又は右肩下がりに株価変動が継続する場合が多いです。



 
余り実例は少ないですが、株価が300%線以上を維持して変動していれば良い成果が得られ300%線を割り込んだ時は利益処分を行います。

ある程度株価変動の大きくない銘柄では300%線・100%の間に株価が変動する間は維持し、100%線を割り込んだ時は利益処分を行います。



  
株価変動が、100%線以下の銘柄は投資対象としてはマイナス評価とします。



  
あくまでも一つの基準ですが目標利益曲線300%線・100%線に対して株価がどのような位置移動を続けるかは大きな指標となります。
  

実取引売買データー

 
株価チャートで「F1」KEYで表示される売買記録画面が表示されます。


 
上段の買い記録、下段の売り記録を記入しl加算コラムにクリック入れると、チャート画面に十字点線で表示されます。

  

チャート画面では買いデータは青色十文字線、売りデーターは緑色十文字線で表示されます。

実取引売買データー点線表示


売買記録画面データー欄の「加算」コラムにクリックを入れると売買線が点線で株価線・期日線が所定幅で描かれます。


BaiBaiKiroku-5.jpg


発注データー表示


売買記録画面データー欄の5行目(買いデーター最終行)・10行目(売りデーター最終行)の株価コラムをクリックすると当日終値が仮記録され株数0として「加算」コラムにクリックが入って記録されます。

指値発注の時は指値株価に修正してください。

株数0・「加算」コラムクリックのデーターは発注データーの覚えとして表示できます。

買いデーターの時は赤色十文字、売りデーターの時は紫色十文字で表示されます。

  


取引売買データーの表示指定・表示切替


売買データーは、「U(売り買いのU)」KEYの順次押しで、売買線表示ー>発注覚え線表示ー>表示停止と切り替わります。


 

Copyright (C) 2021 CMAlab, All rights reserved.